win10にアップグレードしてからパソコンが激重だったのでメモリを追加しました

タイトルの通りの話。
メモリサイズ変更に至るまでの記録。

 

2019年12月。長年利用してきたwindows7のサポートが年始には終わるため、重い腰を上げてようやく自分のノートパソコンのOSをアップグレードしました。

 

win10にしてからというもの、めちゃくちゃパソコンの動作が遅い!
サイトも開いてから全コンテンツ表示までにかかる時間が長い。
2窓なんてしようものなら片方の画面が固まる。などなど使い勝手の悪さを感じることがあまりにも多かったので、解決までにやったことをつらつらと。

 

 

0.スペック

・2011年頃購入したノートパソコン(DELL INSPIRON)

intel CORE i5

・ディスク(未分割)

・メモリ4GB

※この時点では何がダメなのか全くわかっていなかった

 

 

1.PCの最適化

検索すると"win10 アップグレード後 重い"など結構色々でてきたので、片っ端から動作を軽くするための方法を試しました。

 

タスクマネージャーを開くと、CPU/メモリ/ディスクなどが常に80%に近い状態だったのでまずは、設定から表示設定うんぬんを変更(ブラウザに影をつけるか?など)

・読み込む必要のないファイルの停止。

・スタートアップメニューから不要なアプリを停止。

・今使っていないアプリをアンインストール。

 

などを行い、CPUの使用率を若干下げるもメモリは常に80%超え。

この時は”無償アップグレードだからだめなのか?”などと考えていましたが関係なさそう。(windowsサイトから無償アップグレードできた)
https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10

 

 

2.ディスクの使用率を下げる

ドライブを分割することでメモリ/ディスクの使用率が下がり動作が早くなることを知る。

Cドライブのみだったので、参考サイトに従って2つに分割。

ディスク使用率が大幅に下がり若干動作が早くなった気が・・・する。しかしメモリは変わらず。

 

※購入当初に分かれていなかったので、そのまま使ってきました。
が、分割することで実働に割くパートと裏側で機能するパートを分けられる(?)といった説明を読み分割を行いました。

 

 

3.メモリを変更する①

ここまで大きな改善がなく、日に日に動画配信等を見ているとブラウザエラーを表示するようになり「買い替え」を考え始めていたころ“win10に必要なメモリは最低8GB”と書かれた記事を見つける。

 

自分のパソコンのメモリは4GB

圧倒的に足りていない

 

パソコンの型番を元に対応するメモリ探し。
(機種名で検索すると割と出てくる)

 

対応する8GBメモリを見つける。

 

 

4.OSの再インストール

しかしここで、win10の32bitの場合”8GBメモリを搭載しても認識されない”という記事を発見。自分のPCは32bitだったので、64bit版をインストールし直す。

※全然関係ない話だが、この時10年利用した外付けHDDを誤ってフォーマットしたため、中身全消しするというアホ対応をする。。。

 

 

5.メモリの交換②

型番と同じものを注文する。
メモリの交換は基盤を折りそうで怖いが、勢いでなんとかなる。あと金色の部分は基本触らない。以上。

 

※メモリは似たような名前のものが多いので、対応した型番をよくチェック。
私は間違えて購入しました!

 

 

6.メモリ平均20~30%に…!

メモリを交換したことで遂に!やっと!割とサクサク動くように。画質上げてもブラウザ固まらないし、サイトの表示…も少しスムーズ(?)になりました。
この辺りは回線やケーブル含めて見直さないと完全解決は通そう…けれど以前より使いやすくなったのはかなり大きい!
(配信のチャット欄に文字を打つと、画面が固まっていたのがなくなった)

 

 

 

~続き~

動画配信を見る際に多少便利になったものの、相変わらずインターネット接続そのものは重い。契約内容の見直しやLANケーブルを新品に変えたりしないとその辺りは変わらなさそう。(10年近くその辺り触っていないため)

 

メモリ不足解消できたようなできていないような感じもあるので、変更したことがあればメモがてら追記していきます。